*

経費になるの?

「スプレッド」とはFX投資は通貨ペアを売買して収益を生む投資です。

 

価格は四六時中上下しています。

 

それが為替相場です。

 

テレビのニュースをみていると、ドル円やユーロ円の為替のニュースが流れる時があります。

 

よくあるのが「現在のドル円は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。

 

それは80円50銭から80円52銭の幅の中で取引されているという訳ではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、ということを表示しています。

 

別の言い方をすると、買いと売りの2つの価格があります。

 

売値のことをビット、買値の事をアスクと表現している取引会社もあったりします。

 

いつもは売値の方が買値よりも小さく決定されています。

 

現実に買うときには高く、売るときには安くなっています。

 

この差分をスプレッドといいFX取引会社の利益のひとつといわれています。

 

スプレッドの幅は業者によって変わります。

 

スプレッドの狭さは経費になるので小さい取引会社をセレクトするほうが優位です。

 

ただし、同じFX取引会社でも場面によってスプレッドは拡大したり、縮小したりします。

 

例えば通常は円とドルの組合せでわずか1銭のスプレッドの広さであっても、相場の上げ下げがかなり大きい場合には1銭よりも大きくなったりする場面があります。

 

なので、スプレッドが小さいのと同じくらい、安定しているのが重要です。

 

動かないスプレッドの幅を見せる取引会社もいくつも存在します。

 

実際に業者の取引画面上で本当の為替レートを確かめなければ判断できないので面倒ですが必要な事です。

 

多くの資金を賭けてエントリーをするわけですから、本物の取引の前に、心惹かれた業者の口座開設を試して表示されているスプレッドの広さをチェックしましょう。

 

同じ通貨のペアでもその時点の市場の変動率によって、スプレッドの差は異なることがあります。

 

たいがい、銀行間取引市場で取引高が多い通貨ではスプレッドが小さく、残りの通貨ペアではスプレッド幅が大きくなる事があります。